【悲報】歴史漫画「元寇の神風は無かった」
セリフ・シーン
2

【悲報】歴史漫画「元寇の神風は無かった」

“【悲報】歴史漫画「元寇の神風は無かった」”のまとめ

1: 2021/11/12(金) 05:28:18.32 ID:djZxbQV0M

3: 2021/11/12(金) 05:29:20.98 ID:1hrmK9Fy0
じゃあ完全に実力で勝ったってこと?
4: 2021/11/12(金) 05:30:13.84 ID:wAxW+IIRr
いや、神風と言っても色々時期があるんやけど
7: 2021/11/12(金) 05:31:08.10 ID:xAMbzsWZ0
鎌倉武士って強かったん?結局謎なんやが
15: 2021/11/12(金) 05:32:50.32 ID:wAxW+IIRr
>>7
よくわからんで
16: 2021/11/12(金) 05:33:01.97 ID:/u9UxTHe0
>>7
鎌倉の世でぬくぬく暮らしとったこと考えると練度はそれほど高くなさそう
8: 2021/11/12(金) 05:31:25.60 ID:drZ7teRAa
それならそれで韓国兵弱すぎやろ
81: 2021/11/12(金) 05:49:48.42 ID:C7nr3eYE0
>>8
もともとやる気ないし
12: 2021/11/12(金) 05:32:24.50 ID:K8UHXOCA0
モンゴル史書に台風で船壊れてめっちゃ死んだわって書いてんのに

その定説には疑問が残るやっとんか

21: 2021/11/12(金) 05:34:34.16 ID:EH20DTsa0
>>12
ワイは真偽知らんからなんとも言えんが辻褄合うように説明つけるとしたらもしかすると負けた言い訳に使われたのかも
32: 2021/11/12(金) 05:37:24.73 ID:K8UHXOCA0
>>21
負けた言い訳に天災出すのまぁまぁあるからな
28: 2021/11/12(金) 05:37:06.75 ID:wAxW+IIRr
>>12
それは二回目の遠征で
これは一回目の遠征じゃね
14: 2021/11/12(金) 05:32:43.19 ID:3LCjoo2q0
神風は帰り際に追い打ちだけやな
実際武士は強かったらしいで
22: 2021/11/12(金) 05:34:52.93 ID:K8UHXOCA0
(志賀島の戦い・壱岐島の戦い・鷹島沖海戦)で苦戦を強いられ、二ヶ月近く海上に停滞していたまま台風に遭い、大損害を出して混乱したところを日本軍の総攻撃を受けて、壊滅した(御厨海上合戦・鷹島掃討戦)。元軍の捕虜は2、3万にも達した

『元史』 巻二百八 列傳第九十五
外夷一 日本國「七日日本人来戦、盡死。余二三萬為其虜去

34: 2021/11/12(金) 05:37:46.48 ID:/AgWnjTl0
>>22
これは神風やな
こうじゃないパターンもあるんや?
23: 2021/11/12(金) 05:34:57.75 ID:qqBkRnVu0
じゃあどうやって勝ったん?
44: 2021/11/12(金) 05:40:19.43 ID:CZ0zpVnGd
>>23
普通に戦して圧勝したらしい
26: 2021/11/12(金) 05:35:48.23 ID:aY2zHwPu0
???
そもそも神風って帰り際に食らったんだろ?
もう十年近く前の学校でそんな感じに習ったが
36: 2021/11/12(金) 05:38:09.24 ID:+wfyK0sh0
>>26
おっちゃんやん
41: 2021/11/12(金) 05:39:06.19 ID:r0QS7kU20
>>36
敬意払おうや
27: 2021/11/12(金) 05:36:33.49 ID:K8UHXOCA0
1回目は帰り道
2回目は日本軍とにらみ合いの最中やね
31: 2021/11/12(金) 05:37:17.22 ID:k2JVGZfp0
モンゴルは何故海を渡ろうとするのか
ユーラシア制覇でええやん
37: 2021/11/12(金) 05:38:20.70 ID:r0QS7kU20
>>31
陸路より海路のほうが儲かるからや!
42: 2021/11/12(金) 05:39:08.15 ID:d1Uc34zBa
>>31
こんな島国攻めてきた意味わからんな
往き来するのも大変やし
38: 2021/11/12(金) 05:38:47.16 ID:9ElmAFx3d
いうてモンゴル人って馬おらんと
あんま強ないやろ。
48: 2021/11/12(金) 05:41:03.58 ID:3LCjoo2q0
けど壱岐対馬はボコられてたから完勝感はない
損害もほぼ自国の兵じゃないし
55: 2021/11/12(金) 05:43:05.24 ID:K8UHXOCA0
1回目も別に完全撤退って訳でも無いしな
後退して態勢立て直そうとした時に台風食らって壊滅、継戦能力完全に失う

2回目はそのまんま台風で大損害

定説否定も行き過ぎやわ最近

56: 2021/11/12(金) 05:43:09.83 ID:C1OFL67nd
台風来なくても当時の海上輸送の兵站なんて最初から無理ゲーや
62: 2021/11/12(金) 05:44:09.71 ID:/nRGM5Kqd
2ヶ月も海上にいたらそら嵐で沈むわ
上陸させて拠点作らせへんかった鎌倉さんの勝ちや
63: 2021/11/12(金) 05:44:44.16 ID:k1k8C31x0
水際の攻防は備えされあれば死ぬほど防御側有利やししゃーない
69: 2021/11/12(金) 05:46:47.65 ID:6xVQoPfI0
一番の原因は兵士の士気やろ モンゴルさんサイドは日本に負けたの悔しくて制圧したいって思ってたけど、主戦力は高句麗から徴兵したやつらやから「なんで日本なんて攻めるんやろ…」としか多分思ってなかった
72: 2021/11/12(金) 05:47:06.05 ID:CZ0zpVnGd
鎌倉軍の本隊が九州向かってる最中に現地の先遣隊だけで勝ったらしいな
73: 2021/11/12(金) 05:47:14.30 ID:7oQ8sumB0
モンゴル相手に大勝したのに政府は報酬を払えない

せや!全部神のおかげってことにして報酬ケチったろ!w
こんなもんやからな
83: 2021/11/12(金) 05:49:51.88 ID:9b1G2Dasr
アンゴルモアの忠烈王の描き方は良かった
86: 2021/11/12(金) 05:50:08.72 ID:CZ0zpVnGd
とにかく高麗が弱すぎ
87: 2021/11/12(金) 05:50:19.18 ID:6PrfSSxd0
元寇の鎌倉武士団打線(最新の研究)

1(中) 壱岐対馬は最初から見殺して相手の戦法を見極めてた
2(二) 既に出兵5か月前に出兵の時期を想定し鎌倉武士団を大宰府に展開してた
3(一) 相手が人質を楯にして攻めてきても関係なく矢を射かけまくってた
4(三) 2度目は30キロの防塁を沿岸に、20キロの空堀を博多の南に、10キロの水堀を大宰府に築いていた
5(遊) 博多が略奪されてるのは目に見えてるので、敵が来る三日前に博多を略奪しつくしてた(鎌倉武士団が)
6(右) 2度目の時はモンゴルに倣って人質を楯にして攻撃してた
7(左) てつはうにあんまり動じずそのまんま徒歩で戦ってた
8(捕) 2度目の時は夜襲しまくって眠らせなかっただけじゃなく相手の船に牛馬の腐乱死体を積極的に投げ入れてた
9(投) 元軍が壊滅した後、取り残された元軍の内、宋人は助命したが高麗人、モンゴル人は負傷者も女性も含めて皆〇しにしてた

93: 2021/11/12(金) 05:51:44.75 ID:5mn2bec90
>>87
これの9は結構大事だよな
禍根を残すのはあかんわ
100: 2021/11/12(金) 05:54:34.69 ID:xjfnibzyF
>>87
2番が1番凄いと思うわ
88: 2021/11/12(金) 05:50:21.38 ID:vDxrJGXep
アンゴルモアやし1回目やろ?実際否定されてたはず
96: 2021/11/12(金) 05:52:29.67 ID:CZ0zpVnGd
武力で圧倒したってのが今の定説や
98: 2021/11/12(金) 05:53:50.60 ID:QXmGFI8h0
普通に考えて馬使わずに船乗ってきたモンゴルとか怖くないよな
104: 2021/11/12(金) 05:55:37.02 ID:vqYTN7Hr0
台風でびくともしない船ってヤバいやろ
どういう説やねん…
127: 2021/11/12(金) 06:03:30.54 ID:QXAUji/S0
上陸したら追い返されて海で待機してたら四六時中攻められるわとどめに台風来るわで地獄やろうな
162: 2021/11/12(金) 06:13:05.29 ID:NaMoHeM+0
よく2回目来ようと思ったよな
160: 2021/11/12(金) 06:12:55.79 ID:/u9UxTHe0
その戦力で陸続きのヨーロッパを再度攻めとったほうが楽やったやろなあ

メント2

  • 1コミ速さん2021年11月13日 09:59

    日本海を渡って攻め込むのは無謀

  • 2コミ速さん2021年11月17日 16:15

    >>22で引用してるのは2回目の弘安の役についての部分
    今アンゴルモアで描かれてるのはまだ1回目の文永の役

コメントする

・コメントの反映まで時間がかかる場合があります。
・卑猥な言葉、過激な表現はお控え下さい。