【悲報】VTuberの映画、パクリが指摘されて上映中止になる
VTuber
1

【悲報】VTuberの映画、パクリが指摘されて上映中止になる

“【悲報】VTuberの映画、パクリが指摘されて上映中止になる”のまとめ

1: 2021/09/20(月) 17:58:10.29 ID:CAP_USER9
https://kai-you.net/article/81478

 10月10日に上映が予定されていた、映画「極道系Vチューバー達磨」について、監督の松本大樹さんがTwitterで「上映を中止することと致しました」と発表、謝罪しました。

【画像】参考にしたとされる“懲役太郎”さん)

 「極道系Vチューバー達磨」は、長年刑務所にいたヤクザがバーチャルYouTuber(VTuber)としてデビューするという内容の映画。しかし、主人公が劇中で演じるVTuberのデザインや設定が、実在するVTuberの“懲役太郎さんに酷似しているとして一部で物議を醸す形に。懲役太郎さん本人もTwitterで「パクリだー!」「全く知らなかったので驚きました」などと反応していました。

 同作は当初、10月10日に高円寺シアターバッカスで行われる「海道力也映画祭」の中で上映される予定でしたが、一連の炎上を受けて急きょ上映が中止に。松本監督は謝罪ツイートの中で、映画のストーリーについては懲役太郎さんがモデルではないとしつつも、本編に登場するVTuberのあいさつやアバターの服装など、事前に相談することなく「懲役太郎さんを参考としてしまっていた」と説明。懲役太郎さんには既に謝罪済みとのことでしたが、懲役太郎さんとの間で、映画の今後の処遇について相談できていない状況であるとし、シアターバッカスでの上映については中止を決めたとしています。

 懲役太郎さんは、“前科3犯で服役中の受刑者VTuber”という設定で2018年から活動を開始。日本の著作権法では、キャラクターのアイデア自体は著作権で保護されませんが、今回のケースでは劇中のVTuberの設定が懲役太郎さんにかなり似ていたのに加え、松本監督自身が「懲役太郎さんの大ファン」「キャラクターや掛け声などを参考させて頂きました」とツイートしていたことから、批判的な意見が多く上がっていました。

映画『極道系Vチューバー達磨』




6: 2021/09/20(月) 18:05:09.54 ID:VVZ7aJa20
本人からパクリ指摘された監督が全然悪びれもせずに軽くリプ返してて
常識とずれすぎた感覚が怖かった
7: 2021/09/20(月) 18:05:42.63 ID:6jBhZ/GM0
炎上商法かあ
8: 2021/09/20(月) 18:06:08.86 ID:4AS0wKH30
スジを通してもらおうか
9: 2021/09/20(月) 18:12:12.12 ID:leJaJItd0
まさかほかの有名Vじゃなく懲役太郎の名前を芸スポで見ることになるとはねw
11: 2021/09/20(月) 18:25:19.37 ID:O1GO3U2Z0
これマナー違反なのは分かるけど、法的にも何か引っかかるのかね
13: 2021/09/20(月) 18:32:22.69 ID:SOfVgzbp0
>>11
法よりも仁義にひっかかるね。
15: 2021/09/20(月) 18:48:23.65 ID:CEIPU3jJ0
監督の謝罪文が全く反省してなくて笑える
17: 2021/09/20(月) 19:28:08.72 ID:O88EWh6a0
こんなん全員偽物だと思ってた
19: 2021/09/20(月) 20:02:39.43 ID:M8xGkCCC0
懲役太郎のはちょっとの間見てたけど飽きちゃった
そのうち気が向いたらまた見るかも
23: 2021/09/20(月) 20:44:29.21 ID:OPj8Rj5m0
懲役太郎さんは話が面白い
25: 2021/09/20(月) 20:54:03.75 ID:Ti0zJ0Ym0
懲役太郎ってほんとにヤクザだったのかね
29: 2021/09/20(月) 21:29:51.88 ID:igWZNmXm0
懲役太郎のチャンネルはたまに見る
32: 2021/09/21(火) 03:38:13.98 ID:O8/fX0t+0
職場の同僚が面白いいうてたなあ懲役太郎
31: 2021/09/20(月) 23:59:00.93 ID:kpduc5RY0
下手打ったんだからエンコ詰めて太郎さんとこ持ってけよな

メント1

  • 1コミ速さん2021年9月21日 13:02

    先に話を通しておけば太郎は断るわけないし宣伝までしてくれたろうに誰一人思い付かなかったのか

コメントする

・コメントの反映まで時間がかかる場合があります。
・卑猥な言葉、過激な表現はお控え下さい。