ヤングキング連載「ギャングキング」が休載へ、作者と担当のこだわりにズレ
ニュース
0

ヤングキング連載「ギャングキング」が休載へ、作者と担当のこだわりにズレ

“ヤングキング連載「ギャングキング」が休載へ、作者と担当のこだわりにズレ”のまとめ

1: 2013/10/15 22:40:41

画像削除済み

10月15日に発売されたヤングキング21号(少年画報社)にて、柳内大樹「ギャングキング」の
休載が発表された。再開時期は未定。

21号の巻頭カラーには、柳内から読者へ向けたお詫びと感謝のコメントが、1ページにわたり
掲載されている。これによると休載の理由は、柳内と柳内が相棒と呼ぶ10年連れ添った
担当編集との間に、作品に対する姿勢に何らかのズレが生じたため。
喧嘩や揉め事による休載ではないことを明言しつつ、
「どうしても“したくない”妥協」を許さないために選んだ結果である旨が記されている。
文面は「いつか必ず『ギャングキング』の続きを描きます、絶対に」
という力強い宣言で締め括られた。

「ギャングキング」は世界一の彫師を目指す高校生・ジミーの成長を描く不良マンガ。
単行本は27巻まで刊行されており、今年5月には累計発行部数が1000万部を突破したヒットタイトルだ。

http://natalie.mu/comic/news/101429

柳内大樹|Facebook
『ギャングキング』読者の皆様へ
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=549132421825963&l=f47fd963f6

3: 2013/10/15 22:43:24 ID:b6w27Yj2
売れてるわりには1回も本屋やネトカフェで見たことが無い
22: 2013/10/16 01:18:02 ID:Z4WHPod3
>>3
スーパージャンプにおけるカレー食っていいのか漫画みたいな存在
何度も表紙かざってるし雑誌の看板ではある
23: 2013/10/16 01:26:22 ID:JKqI3BXJ
>>3
本屋じゃなくてコンビニとかで売れてるとかじゃないの?
ヤンキー物とかはコンビニで売れるほうが多いそうだし
4: 2013/10/15 22:43:37 ID:+d9Cdotm
RINと板垣みたいなもんか
5: 2013/10/15 22:45:08 ID:b355oJa9
こだわりが原因なら作者のほうのこだわりを優先したらいいんじゃないの?
8: 2013/10/15 22:48:38 ID:z3apYfwY
話しがごちゃごちゃしてきてたからリセットですな
9: 2013/10/15 22:49:33 ID:/w3QhRou
このマンガ知らんが、そこまでするなら担当代えればいいのに
まあ、そのズレとやらが編集部としての方針で、消えて欲しかったのかもしれないけど
10: 2013/10/15 22:53:08 ID:v56023BL
柳内って自身の他作品にも登録商標取ったり
結構金にうるさいタイプの作家だったからな
13: 2013/10/15 23:14:23 ID:1xEdb6eY
勝手に想像してみた。
こんなトコじゃね?単純に。

編集部&担当:
それなりに売ったし、このままダラダラ続けても
大きなヒットも見込めないため、打ち切り&最終回を提示。
  ↓
作者:
まだまだギャングキングで描きたい話がある。
打ち切りなんて、もってのほか。
  ↓
妥協案:
休載にすれば、編集部&担当は連載を終わらせられる。
作者にとっても、話が終わったわけではないので、
いつかどこかで、続きを描くことが可能。

16: 2013/10/15 23:28:47 ID:il+qi+t2
移籍したり休筆したり
漫画家って勝手だよなー振り回される読者はいい迷惑だわ
編集部と揉めてどうこうは作者の勝手だけどよー
続き楽しみにしてる読者ガッカリさせんなよ
17: 2013/10/15 23:30:56 ID:DyEzhZmH
>>16
定期刊行が当たり前なんて思うからだろ
ゲームや音楽や映画は次いつリリースされるかわからないのにみんな大人しく待ってるじゃんか
18: 2013/10/15 23:35:49 ID:jD19ZXb3
いい休み方の理由だな。
21: 2013/10/16 00:56:15 ID:so72aQt3
ヤングマガジンに移籍する為のこじつけだよ
24: 2013/10/16 01:27:15 ID:lx25Ea4j
担当の意向は編集部のそれでしょ。
編集部のせいにして、作家の味方のフリする担当ではなかった、って事では?
27: 2013/10/16 03:35:45 ID:4AbqeiN6
ヤンマガ移籍あるで

メント0

コメントする

・コメントの反映まで時間がかかる場合があります。
・卑猥な言葉、過激な表現はお控え下さい。