柏木ハルコが生活保護を題材とした新連載、スピリッツで
ニュース
1

柏木ハルコが生活保護を題材とした新連載、スピリッツで

“柏木ハルコが生活保護を題材とした新連載、スピリッツで”のまとめ

1: ID:comisoku
「いぬ」「も~れつバンビ」などで知られる柏木ハルコが、生活保護を題材とした新連載「健康で文化的な最低限度の生活」を、本日3月31日発売の週刊ビッグコミックスピリッツ18号(小学館)にてスタートさせた。

「健康で文化的な最低限度の生活」の主人公・えみるは、春から公務員として働く新社会人。彼女は福祉事務所の生活保護を扱う課に配属される。初日からさまざまな受給者に会い疲弊するえみるだったが、1日の終わりに受給者からの「これから死にます」という電話を受け取り……。

コミックナタリー
http://natalie.mu/comic/news/113359

どんな内容だろうか。これを読んだCWさんたちが、自分の仕事に誇りを持って、利用者の味方になってくれるようになればいいな。 2014-03-25 07:26:12

「新卒で福祉事務所の生活課に配属された義経えみるが、ワーキングプアや高齢化、不正受給など生活保護に関する難題を前に奮闘する姿を描く」。これは良いテーマ! 2014-03-25 11:31:00

スピリッツの新連載は大作の予感。柏木ハルコ先生がんばって。 2014-03-30 15:02:28

柏木ハルコってだけでもうわくわくやもん。これぞスピリッツ、みたいな新連載で超嬉しい。 2014-03-31 06:02:26

スピリッツで柏木ハルコの新連載が始まった、面白くて絵が良い 2014-03-31 11:08:35

メント1

  • 1名無しさん2014年3月31日 18:26

    柏木ハルコは「鬼虫」と「花園メリーゴーランド」なんだが・・・
    民俗学をテーマにした人間心理が面白い

    女徳弘正也だ

コメントする

・コメントの反映まで時間がかかる場合があります。
・卑猥な言葉、過激な表現はお控え下さい。