掲示板できました。
http://comisoku.com/bbs/log/1/

なぜ日本で米国からの輸入産業のアニメ・漫画が発展したのか 今は思想性や文学性を失ってしまった―中国メディア

2013.11.5 17:073コメ

【中国】なぜ日本で米国からの輸入産業のアニメ・漫画が発展したのか 今は思想性や文学性を失ってしまった―中国メディア
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/moeplus/1383401136/
1: yomiφ ★ 2013/11/02 23:05:36
中国でテレビが普及し始めた70年代末頃、大量の日本のテレビアニメが中国に入ってきた。
例えば、「花の子ルンルン」や「聖闘士星矢」、「一休さん」、「ドラえもん」などだ。
この時代、日本のアニメ・漫画作品が大量に中国市場に流れ込み、中国人は日本アニメ・漫画に
夢中になった。当然、このような作品は当時の学生たちにも影響を与えた。日本のアニメ・漫画は
独特な魅力と人を感動させる力を持っていたため、当時世界でも「anime」という新しい英単語までが
作られたほどだ。日本のアニメ・漫画産業は、かくも発展し、影響力を持っている。
しかし、アニメ産業はもともと米国で生まれたもので、アジアの国にとって、アニメ産業は輸入産業である。
日本のアニメ産業はいかにしてこのように大きく発展し、他のアジア諸国を大きく引き離してトップに
君臨しているのか、不思議に感じている人も多い。光明日報が伝えた。

■昆虫が大好きだった「昆虫博士」こと手塚治虫の漫画改革

日本のアニメ創世記である1918年に、日本初のアニメ作家である北山清太郎によるアニメ映画
「桃太郎」の製作が始まった。出来上がった映画は当時大ヒットとなり、多くの観客たちが映画館に
詰め掛けた。その中に、後に「漫画の神様」と呼ばれることになる手塚治虫の姿もあった。
手塚治虫は小さい頃から漫画を描くことや昆虫が好きだった。手塚治虫の名前に「虫」という文字が
加えられているのはこのためだ。

50年代、手塚治虫は漫画の連載をスタートさせる。この時期に描いた漫画は主に子供向けの
4コマ漫画と伝統的な長編漫画で、子供たちに大人気だった。手塚治虫の漫画はいつも瞬く間に
売り切れ、赤本ブームを巻き起こした。しかし、まさしく赤本ブームを巻き起こした頃の手塚治虫は、
子供向け4コマ漫画家のトップという立ち位置にはまったく満足しておらず、その後日本の漫画の
新しい時代を築くための二つの偉大な改革を成し遂げた。

一つ目は、映画の手法であるコマ割りの概念を平面の漫画の中に取り入れたこと。二つ目は、
漫画のテーマや内容面において、結末にオチを持ってきて、読者を笑わせる起承転結タイプから、
もっと多元的な内容を持つ漫画に変革したこと。以前の漫画は常に物語の最後にオチやギャグを
用いて読者を笑わせるスタイルだった。現在見られる多くの4コマ漫画は今でもこのような物語の
構成をとっている。しかし、手塚治虫は、漫画は物語を語るものであり、一口に物語といっても、
幅広く豊かな内容を持ち、人生の悲喜こもごもが描かれるべきで、常に一様にハッピーエンディング
である必要はないと考えた。

これらの改革を経て描かれた新たな漫画は、おのずと以前の漫画の様相とは大きく異なった。
以前より増したインパクトやテンポ、豊かな感情などが、人々、特に若い世代を魅了し、
手塚治虫の漫画の人気は瞬く間に日本を席巻した。

■漫画がもたらした弊害によって、漫画追放運動が起こる

しかし、このような少年たちを魅了した漫画は同時に弊害をもたらし、青少年の学習に悪影響を
与えるようになった。1956年頃、日本の文化人を中心とした団体が漫画の追放運動を開始した。
多くの親たちは学生が漫画ばかり読むことで、文学作品を読まなくなり、学習の邪魔になると考えた。

もちろん、これには原因がある。若い読者は青春のまっただ中にあり、経験も少なく、何かに
夢中になりやすい。当時の児童文学作品のテンポは緩慢で、青少年たちに刺激を与えることは
できなかった。しかし、漫画はまさしく刺激的という特徴を持ち、感覚的にも容易に受け入れられたことで、
青少年たちは漫画を読むことをより好み、文学作品を読まなくなった。

手塚治虫は漫画家として初めてこの問題に気付き、漫画に本質的に含まれる文学性に手を加えた。
手塚治虫は、「今後、必ず児童文学と肩を並べるような文学的な内容を備えた児童漫画が
出現するはずだ」と語った。漫画家たちの奮闘もあって、手塚治虫を中心とした物語性に富んだ
漫画は子供の文化として最終的に日本社会から受け入れられた。そしてさらに20年がたち、
漫画は子供たちだけでなく、大人も好む一種の文化となった。

日本の漫画が新しい時代に向けて踏み出したことで、社会への影響力が増し、国民もまた
手塚治虫が作り出した新しい漫画言語を受け入れることになった。

>>2へつづく)
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=78534

2: yomiφ ★ 2013/11/02 23:06:07
■徐々に成熟してきた日本のアニメ・漫画

70年代、テレビが日本で大量に普及したことで、日本の映画市場は大きな打撃を受けた。
映画大手製作会社の東映はディズニー式のアニメ映画製作から脱却し、いち早くテレビアニメ市場に
打ち出していく。この時期、手塚治虫が設立した虫プロダクションが倒産(1973年)したが、
これが多くのアニメ製作者たちにそれぞれ独自のアニメ製作会社を設立させることになった。
そして、多くの青年アニメ製作者がアニメ監督になるために奮闘していった。

これによって、アニメ市場には、幅広く、多種多様なジャンルの作品が登場することになり、
日本アニメ界に3つの黄金期を迎えた。最初の黄金期は「宇宙戦艦ヤマト」が築いたもので、
同アニメは1974年から1982年まで放送された。これ以降、多くのSFアニメや漫画が相次いで
誕生した。しかも、同アニメは複雑なストーリーや体系的な世界観と深い文学性を備えており、
日本のアニメ・漫画界に新境地を切り開いた。
 第二の黄金期は、1982年の「超時空要塞マクロス」で、1987年まで放送された。この頃、人々は
視覚的効果を追求し、楽しむ時代であったため、アニメは視覚的な技術力の向上が求められた。
日本アニメの発展途上の時期はこの頃(1987年頃)に終わりを告げ、ストーリーや内容、アニメの
技術面などすべてにおいて非常に高い水準に達した。
 第3の黄金期は1987年から90年代初めだ。アニメはこの時期、成熟の段階に入っており、
いくつかの優秀な作品が生まれた。この頃の日本のアニメ・漫画はすでに整った市場を形成すると
同時に、多くの観客を持っており、非常に成熟していた。

■現状に嘆く日本のアニメ界

日本のアニメ映画と漫画は各世代のアーティストたちの業績と継承を経た上で、今日のような
世界的に有数な業界にまで発展した。この業界で働く人たちはますます多くなり、多くの
アニメ・漫画ファンの若者たちは大きな志を抱いて、この業界で成功しようと業界入りしてくる。
その結果、良い面も、悪い面ももたらされたが、悪い面としては、アニメ・漫画市場に出回る作品が
玉石混合となってしまったことが挙げられる。

近年、インターネットが極めて発達したため、紙に印刷された漫画は大きな打撃を受けた。
読者は常にパソコンや携帯などで電子ブックを読み、紙を用いた本や雑誌の売り上げは
減少している。さらに、金融危機に加えて、多くの出版社が売り上げを追求するため、より多くの
場面で低俗趣味に迎合している。これらの低俗で娯楽性の強い漫画を出版することによって、
現在ほとんどの日本の漫画・アニメが70、80年代に持っていた文学性や思想性を失ってしまい、
多くの漫画が単純な娯楽作品になってしまっている。

アニメ・漫画は大衆が幅広く受け入れられる、迅速に人に伝える文化製品であり、だからこそ
アニメ・漫画は正面から文化を伝えるという重大な責任を負わなければいけない。
もし、単純な低俗趣味に迎合した娯楽作品に成り下がってしまったら、それはすでに健康的な
読み物ではなくなり、生命力も失われてしまうだろう。

(了)

6: なまえないよぉ~ 2013/11/03 00:21:31 ID:MHVB0zPt
思想がないのが思想

15: なまえないよぉ~ 2013/11/03 04:30:37 ID:Q46tgNW7
>>6
なら思想なき思想を作中で語らなただの落書きやで

25: なまえないよぉ~ 2013/11/03 08:41:47 ID:WoYp3HAz
>>15
ただの落書きで問題あんのか?

ただの落書きでも面白ければ見るし、
高尚な思想垂れてもつまらなければ見ない。

映画文学でも同じ。

28: なまえないよぉ~ 2013/11/03 11:44:37 ID:Q46tgNW7
>>25
落書きが駄目なんじゃなくて漫画やアニメそのものに力がないといつまでも地位が上がらないよ
食べていけない漫画家やアニメーターが沢山いるのは力がないからだろ?ただの落書きなんかに金を出す人いないんだよ
pixivみたいなとこにあるようなガチの落書き漫画とかに面白いからってみんなが金を出してる世の中なら落書きでいいって胸張って言えるかもしれないけどね

30: なまえないよぉ~ 2013/11/03 12:04:49 ID:L0XpQwzJ
>>28
漫画家とアニメーターを一緒くたにしてる段階であれだが…
漫画家で食ってないのがいるのは当然だろ、
人気商売の実力社会なんだから。

32: なまえないよぉ~ 2013/11/03 12:31:45 ID:Q46tgNW7
>>30
もっと俯瞰で物を見ろよwろくに漫画やアニメに金を出さない層だけに人気になって何するのって話
食っていけないってのはまさにそこで狭くてさもしい世界だけで完結してるからそうなるんだよ
高尚って馬鹿にするが手塚が色んな方法を使ってまで漫画やアニメを豊かなものにしようと努力したのは表現の乏しいただの落書きだった本来の世界を打ち破りたかったからだろうに
それで市場が生まれたからこそ誇れるようなものに進化したのにまた狭い世界に漫画やアニメを閉じ込めてただの落書きに退化させようと望むのは本末転倒やで

10: なまえないよぉ~ 2013/11/03 02:04:51 ID:iIk1JHkw
寧ろアニメや漫画は低俗であるべきだと思うんだけどな

思想性や文学性みたいなそんな高尚な物は小説とかでやればいいんじゃない?

12: なまえないよぉ~ 2013/11/03 03:21:59 ID:J/9P5uAn
玉石混交大いに結構枯れ木も山の賑わい数うちゃ当たる
つまんない啓蒙やら説教やら思想押し付けアニメやらはごめん被る

19: なまえないよぉ~ 2013/11/03 05:40:26 ID:8OH6ojQP
>>10>>12
漫画にテーマ性を持ち込んだ手塚治虫自身も漫画の本質は落書きと言ってたと思う。
低俗な物も受け入れる懐の深さと裾野の広さがあってこそ高度に洗練された名作も生まれる。
エ口グロナンセンス何でも来いでなきゃな。

21: なまえないよぉ~ 2013/11/03 05:59:54 ID:Q5Z+stZm
>>12
その通りだな、これを書いてる奴は黄金期だとか言ってる時代に
まいっちんぐまちこ先生がゴールデンに流れていた事とかなかった事にしてるだけ
昔から日本のアニメは玉石が混じり合い、玉と石が両輪となって進んできた
幅広い世代がそれぞれの視点で楽しめるからこそアニメや漫画は面白い

46: なまえないよぉ~ 2013/11/04 02:03:41 ID:4dyzGV+l
>>21
> まいっちんぐまちこ先生がゴールデンに流れていた事とかなかった事にしてるだけ

まいっちんぐはともかくうる星あたりは普通に良かったと思うけどね
ていうか、別に高尚とかそういう意味で言ってるわけじゃないと思うのだが
面白くてそれなりに良ければ少々低俗でも関係ない人かもしれんぞ、俺みたいにw

23: なまえないよぉ~ 2013/11/03 07:20:05 ID:MeGj83b7
下らないものを楽しめないのは余裕がないからだよ中国くん

26: なまえないよぉ~ 2013/11/03 09:41:54 ID:8OH6ojQP
>>23
つーか民衆が楽しめる物を求めているからこそ中国でも日本のアニメ漫画が人気なんだろう。
三国志演義や西遊記だって元の歴史書や旅行記を翻案しエンターテイメントに昇華したからこそ民衆に愛され現代まで読み継がれてきてるんだし。

31: なまえないよぉ~ 2013/11/03 12:22:26 ID:5+50Khrd
艦これやアルペジオを平成版ヤマトと考えると黄金期は再来する(予言)

48: なまえないよぉ~ 2013/11/04 03:28:34 ID:HOgj1EPw
>>31
アルペジオは興味深いね
あの手のCG運用は一部の静物動作とか登場キャラの
歌唱PV限定みたいな感じだった
あそこまでCGモデル採用して週一制作いけるのなら
面白いことになりそう
あとキャラの造形は癖があるけど思いの外良く出来てると思う

33: なまえないよぉ~ 2013/11/03 12:59:29 ID:dO0DAVmX
これ中国人じゃなくて日本によくいる評論家っぽい文章だな。

36: なまえないよぉ~ 2013/11/03 17:12:52 ID:Mb0GBIds
70~80年代のアニメってそんなに文学的・思想性で優れてたか?
世界名作劇場のイメージで言ってるのかな?

50: なまえないよぉ~ 2013/11/04 03:46:51 ID:HOgj1EPw
>>36
作品に込められたテーマ性は昨今の良くあるアニメに
比べればより明確だったかと

やっていることは単純な話かもしれないが、どういう終着点を
目指していたのか分かるのが今より多かったように思う

52: なまえないよぉ~ 2013/11/04 05:15:39 ID:BCtAlTLE
>>50
テーマ性の高さなら今のアニメの方が明らかに上なのがあるし昔より多い
昔は余りなかった日常的なアニメが増えてその部分だけ思い浮かべてそう言ってしまってるだけ
テーマ性のみのアニメは昔の大衆向けに作られたアニメよりも深くなるのは当然

君の言ってるテーマってそういうオタク的なテーマとは別で、
普遍的であったり普通の誰でも分かり誰でも参考になるような話をしろって事でしょ
でも君が揶揄しているような深夜アニメを見る様なオタクはもう子供の頃にそういうのは見てるんだよ

そういう普遍的な箴言をアニメから受けたいなら、くれよんしんちゃんとかプリキュアを
新鮮な気持ちで見直すといいと思うよ、
評論家がプリキュアや仮面ライダーのテーマ性やメッセージ性にスゲーっていってるのってそういう事だから

43: ◆Gabura/rWM 2013/11/04 01:33:15 ID:50EznX/V
え、第二の黄金期ってマクロスなの?
ガンダムは?

44: なまえないよぉ~ 2013/11/04 01:50:04 ID:dQPYBTjh
>>43
ガンダムが受けたのは再放送から
しかもガンダム本放送のあとはトライダーG7という従来の巨大ロボット物だった

マクロスがあった82年を皮切りにザブングル(82年)、ボトムズ(83年)、バイファム(83年)
モスピーダ(83年)、ダンバイン(83年)などが次々に放送され、
いわゆる「リアルロボットブーム」の黄金期を迎えたのだ

46: なまえないよぉ~ 2013/11/04 02:03:41 ID:4dyzGV+l
>>44
>マクロスがあった82年を皮切りにザブングル(82年)、ボトムズ(83年)、バイファム(83年)
>モスピーダ(83年)、ダンバイン(83年)などが次々に放送され、
ロボットばっかだな。俺的にはマクロス以外は同年のうる星より歴史的意義は落ちる作品ばかり

47: なまえないよぉ~ 2013/11/04 03:09:12 ID:hPKAV6Rb
マクロスなんて腐女子のよせ餌だったろ
銀河鉄道999 や合体ロボ系に置いてかれた緊急避難としてマクロスに身をよせただけだ
アラレちゃんや魔女っ子シリーズ、スポーツアニメの方が数字も人気もあった

58: なまえないよぉ~ 2013/11/04 19:37:00 ID:MHE/6d9U
>>47
> マクロスなんて腐女子のよせ餌だったろ
当時はそんな言葉はない。近い存在があったとしても極めて少数なんだがアホかと。
そもそも内容的に腐は関係ない、むしろガンダム世代向け、明らかに男向け。

61: なまえないよぉ~ 2013/11/05 10:50:12 ID:seT7Du9i
>>47
> マクロスなんて腐女子のよせ餌だったろ
歴史を知らん奴だなあ
マクロスの一番の衝撃はガウォーク変形だったんだぞ
あれ以降、SF漫画では足メカが大流行した
それぐらいインパクトがあった

腐女子なんて何それ?状態だよ

53: なまえないよぉ~ 2013/11/04 07:22:51 ID:uA+Hm3ee
あんまりシリアスな話やテーマ性、文学性の強い話やると揶揄されるからな、今の時代は。バトルや萌えの陰にこっそり社会的なテーマを仕込むのがせいぜい

54: なまえないよぉ~ 2013/11/04 09:03:31 ID:BCtAlTLE
ハガレンとかヨルムンガントとかそうだし、今期だとアルペジオがそう
アウトブレイクカンパニーや勇しぶがこっそりどころかダイレクトに現代の問題に物語で挑んでる
他にも弱虫ペダルは朝や夕方にやってもおかしくないレベルの成長物語

53も勘違いしてるんだけど、1stガンダムだってマクロスだって無駄にお風呂シーンで乳首だしたりして
エンタメ要素入れてるんだよ、昔からシリアスだけ、文学性だけのアニメなんてTVアニメじゃ殆どやってない
つか今以上に子供向けだった昔のアニメで文学性とかシリアスとかやっても受けないってw

手塚治虫のメルモや藤子不二雄のエスパー魔美、
子供向けと思われがちな御大であってもそういうの作ってアニメ化までやってる

お色気だけではなく、アキラ的な物は暴力的な刺激に溢れているしね

だからこういう1みたいな話って比較する対象を恣意的に選んでいて、
褒めたい方を良い部分だけ抽出して語り、それを補強するための比較対象を悪くしてるだけ

ニュース」の最新記事

3件のコメント

  • 高尚とか低俗とかってなんなん
    思想とか文学性とかぬきにして面白いのに金払って楽しむんじゃだめなのか?

  • それでいいんだよ。

  • >青少年の学習に悪影響を与えるようになった。
    これは「悪影響を与えたと誤解されて無知無理解から糾弾された」が正解。
    単に娯楽の形式が変わっただけのことでしかない。旧弊勢力が新勢力を過剰に非難するのは転換期にはよくあること。
    ここを誤解したままだと、余計な規制を容認して市場まるごと萎縮することになる。
    日本も青少年健全育成条例とか児ポ規制とかクソ馬鹿な法規制をしようとする利権の亡者が跋扈してるから安心はできんが。

コメントする


掲示板できました。
漫画掲示板